Akeno Venus 2020 アケノ ヴェニュス ピノ・ノワール 2020

山梨県北西の茅ヶ岳の西麓にあたる明野地区で新進の醸造家吉田修三氏は好評価を得たカベルネソーヴィ二ヨンに続き、やはり西欧品種のピノ・ノワールを次なる挑戦ワインとしました。

この明野の丘陵に2017年に韮崎穂坂から植え替えられたワイン用のブドウ品種の雄ピノ・ノワールは延べ5年目にしてようやく醸造に適う実が収穫され、8か月の樽熟成を経て瓶詰されました。

開栓の際の赤系の花の香りが鼻をくすぐりますが、醸造3年目にしての初ヴィンテージは果実味の凝縮感と、この品種らしからぬタンニンが酸をしのぐ味わいとなっております。デミグラスソースをたっぷりかけたハンバーグステーキと一緒にどうぞ。

なお、現時点(202112月)まだ若いので瓶内で数年寝かせることもお勧めでさらにまろやかな熟成が期待できます。


750ml アルコール度数11

3,800円

在庫あり
注文数 :

みんなのレビュー

総合評価 (0件) すべてのレビュー

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません